テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『M-1グランプリ2017』決勝感想~「二本勝負」という困難との戦い~

m-1グランプリ2017ロゴ

「二本勝負の難しさ」を改めて感じる今大会だった。一本目で勝負に出ないと、そもそも二本目に進めない。しかし一本目で勝負をかけると、二本目のインパクトが減じてしまう。ましてや二本目はベスト3が出揃う高次元の戦いになるから、ここで一本目より弱いネタを持ってきてしまうと、さらにその瑕疵が目立ってしまい致命傷になる。

だがそうなると、語るべきはその「インパクト」という謎の概念が、いったい何を指しているのかということだ。観る側にインパクトを与える要素としてはもちろん、ネタの設定、展開、キャラクター、ワードセンスなど、様々なファクターが存在する。

それら諸要素のうち、一本目と二本目で変えられるのがどこで、逆に変えられないのがどこなのか。また変えるべきはどこで、変えるべきでないのがどこかというのは、当然各コンビによって個々に判断が異なるわけで、そこにもまた個性が現れる。

さらに「変える」ということはつまり、何かを「捨てる」ということでもあるから難しい。たとえば一本目はキャラクターで勝負していたコンビが、二本目で展開重視のネタをやるとする。そうなれば単にプロットの展開に軸足を移したというだけでなく、自動的にキャラクターをアピールするために割く時間を減らさなければならないことになる。つまりキャラクターという長所を、ある程度捨てなければならなくなるということだ。

この「どこを使ってどこを捨てるか」という取捨選択の感覚は、特に厳しい時間制限のある『M-1』のような大会においては、とても重要になってくる。そこで必要になってくるのは、純粋な創作能力というよりは、むしろ「編集センス」ともいうべき能力かもしれない。むろん「どこを優先してどこを切り捨てるか」という編集センスも含めて、創作能力ということになるのだが。

以下、登場順に感想を。

【ゆにばーす】
男女コンビの人間関係にまつわる話という、まだ知られてないコンビだからこそ有効な、地に足のついた題材。
頭を洗っている場所が実はベランダであったり、風呂上がりに飲んでるものが実は化粧水であったりという、「ツッコミによってようやくそれがボケであったと判明するボケ」が特徴的。
行動と状況をコンスタントにズラしてくるのが上手く、ツッコミを待ってややアフター気味に笑いが来る。

『ゴッドタン』あたりで観た「ポスト三四郎」な印象に比べると、意外と正統派な印象を受けた。
今回のネタはボケのはらの方をフィーチャーするスタイルだったが、やはり川瀬名人のぶっ壊れた部分を観たい。

【カミナリ】
昨年の大会で「どつき漫才」のスタイルが有名になりすぎてしまったため、安定感もワードセンスも高いものの、このスタイル内ではもはやインパクトを出す余白が残されていないように感じられた。

ある意味、昨年のネタが実質「一本目」の役割を果たしてしまっているため、今年の一本目には二本目的な「一本目とは違うインパクト」が暗に求められていたというか。
そういう意味では、ハライチと同じ問題に突き当たっている印象。

【とろサーモン】
この日、もっとも自由な漫才を披露したのがとろサーモンだった。少なくともそう見えた。
その源泉は所々で顔を出すベテランならではの「アドリブ感」であり、ボケの久保田が終始醸しだしているアウトロー感でもあり。

自由であるというのは「特定の型を持たない」ということで、そもそも型がないため、最終決戦に残った三組のうち、彼らだけは二本目の方向性で迷う必要がなかったのではないか。何しろ型がなければ、型を変える必要もない。今日に関しては、その柔軟性がすなわち強さとなった。

たとえば二本目のネタ。当初の話題は「肩をぶつけてきたおじさんへの対処法」であり、そこを軸に話を進めていくのかと思いきや、かなり早い段階で焼き芋屋の話にあっさり変わる。

普通はこれだけ適当に軸を変えると観客はついていけないのだが、彼らはそもそも設定で勝負していないから、軸を変えてしまってもたいした被害はない。

では何が軸なのかといえばそれはやはり久保田の自堕落なキャラクターで、それされあれば他の要素がどう変わろうとクオリティに影響はない。

最終決戦に残った三組のうち、二本目のネタのクオリティが一本目に比べて落ちなかったのは彼らだけだった。
それでも個人的には和牛に軍配を上げるが、「キャラクターの力」と「自由度の高さ」という二要素の重要性を改めて痛感させられたという意味で、優勝に文句はない。

【スーパーマラドーナ(敗者復活枠)】
合コンという複数人の状況をボケの田中が単独で演じきるという、無謀なひとり芝居的状況を武智の安定したツッコミでコントロールしていく。

田中の(意図的な)空回り感はもはや唯一無二の領域で、その危なっかしさが最大の魅力だが、ここまで弾けて来ると、むしろそれに対するツッコミが安定しすぎているのがやや物足りない。
後半にむけてツッコミがボケに巻き込まれ、二人して壊れていくような展開も見てみたい。

【かまいたち】
テンポが良く、全方位的に仕上がっていてクオリティも高い。

だがなぜかあまり印象に残らなかった。
コントに比べると、というのもあるのかもしれない。

【マヂカルラブリー】
ひとりミュージカルを繰り広げるボケの野田クリスタルの動きの面白さ。

それはたしかにあるのだが、反面、動きに頼りすぎて言葉が追いついていない印象。
フレーズを強化することで、言葉と動きの掛け算の値は飛躍的に向上するのではないか。

【さや香】
ボケとツッコミというよりは、フリに対する過剰なリアクションボケで見せる形。

前半の「静」から後半の「動」への緩急がダイナミックで、尻上がりにテンションが上がっていくが、横への展開やねじれがないのがやや物足りない。

ただし独特の空気感があるので、個人的には気になっている存在。

【ミキ】
ベタなネタを、テンションとテンポでねじ伏せる。そこに「上手さ」を感じるか、中心となるネタの弱さが気になるか。

基本的にボケどころを示すスイッチが全部露出しているため、やや野暮ったく感じられるが、それが誰にでもとっつきやすい「わかりやすさ」にもなっているというジレンマ。

【和牛】
出順も含め、あらゆる要素が着々と「和牛シフト」を作り上げていくように見えた。
最近、彼らがかつてやっていたラジオ『和牛のおもしろ牧場』(KBS京都)にハマッていたこともあって、個人的には優勝してほしかったし、客観的に見ても優勝に値するクオリティであったと思う。

特に一本目で最高得点を叩き出したウエディングプランナーのネタは圧巻だった。むしろ一本目の素晴らしさが、二本目の足を引っ張ったと言ってもいい。

一本目は前半に張った伏線を後半ですべて回収するという二段構えの構造。さらに凄いのは、前半に張った伏線をそのまま順当に回収するのではなく、前半提示されながらも却下された「没案」の方をわざわざ回収しているという点。
つまり単なる二段構えではなく、そこにひねりまで加わっている。

審査員の小朝師匠も言っていたように、前半はボケの水田のみがボケるが、後半はツッコミの川西もボケはじめ、最終的には二人とも弾けて終わるという明確な展開がある。
当ブログではこれまでも、「展開」ということについて繰り返し書いてきたが、この「ツッコミの方が単なるツッコミで終わるか、ボケに参入するか」という選択肢は、『M-1』という大会における生命線であると個人的には考えている。

そして二本目で、彼らはまた違う展開を持ってくるのか、同じ展開で攻めてくるのか。ネタのクオリティは間違いないだけに、そこの選択が勝負の分かれ目になると思っていた。
結果的には一本目ほど展開重視ではないものの、やはり同じく後半に伏線回収のあるネタを持ってきた結果、やや縮小再生産的な印象になってしまったのは否めない。

旅館の女将役の川西が、一日目の反省を生かして二日目はすこぶる的確に顧客対応するという展開が後半に訪れるが、一本目に比べるとそこにひねりはなく素直な伏線回収になっており、ひとまわり小さい展開に見えてしまった。
一本目が没案を採用するという「逆接」的展開であったのに比べて、二本目はストレートな「順接」的展開というか。

とはいえ伏線の回収とは本来そういうものであって、一本目が画期的すぎたのだと思う。
しかし最終決戦に残った二本目だけを比較しても、個人的には和牛が一番面白かったと思っている。
ただ、優勝したとろサーモンは、二本目の方が一本目より面白かった。これもまた「展開」と言うべきか。

【ジャルジャル】
ただひたすらに珍妙なことを言い続けるという、ジャルジャルらしいミニマムでしつこいネタ。
徹底的に中身を排除するそのストイックな姿勢は、純文学的というか、「純お笑い」とでも言いたくなる。

音楽でいえばこれだけメロディのない歌を聴かせるのは凄いし、リフだけで押すそのシンプルなスタイルは洋楽的でもある。

ただし、飽きる。挑戦的だが、どこか閉じている。

一方で和牛の一本目は、挑戦的でかつ、開いている。この違いは大きい。

しかしジャルジャルの開拓者精神には、いつも注目している。とはいえ自ら切り拓いたスタイルが、時には自らの足枷となることもあるだろう。


《『M-1グランプリ2016』感想~改めて「漫才らしい漫才」というベタな評価軸を持ち出さねば測りきれぬほどの、まれに見る接戦~》
http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

《『M-1グランプリ2015』感想~「ネタ」と「キャラ」の融合が生み出すミラクル薄毛ファンタジー~》
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-301.html

《『M-1グランプリ2010』感想》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20101226/1293372609

《観客の反応がすべてを支配しすぎ、だが結果は意外と順当 ~M-1グランプリ2009総評~》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20091222/1261426486

《「スピードで誤魔化せる範囲は限られる」M-1グランプリ2008総評》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20081222/1229948554

スポンサーサイト

アインシュタイン単独ライブ『ルミネシュタイン』~成功も失敗も笑いに変換する博士の永久機関~

20171009142647-6059992a6445ad4cbd53934c8d20178dbaf9b5e7.jpg

ラジオの面白い芸人を信頼している。それはエッセイの面白い小説家が信頼できるのに似ている。もちろんエッセイと小説は違うし、ラジオのフリートークと漫才やコントも別物だ。

その間には、「ノンフィクション」と「フィクション」という決定的な区別が存在する――というのは嘘で、その二者の間にはどっちつかずの、結構なグレーゾーンが広がっている。フィクション要素の大きいフリートークもあれば、ほとんど事実に基づいて書かれた小説もある。

たとえば近ごろ町田康の書く作品には、エッセイか小説か区別がつかず、どちらとも読める作品群がある。読者だけでなく帯や解説文を書く人さえ、あるいは作家本人でさえ、それをどちらと呼ぶか決めかねている様子が見える。いやむしろ、面白ければどっちでもいいじゃないかと。それでいいと思う。

ラジオというのは誤魔化しのきかないメディアだと思っている。そこで試されるのは、ただ「面白いことを面白く伝える」能力ではない。ラジオ番組の多くは、舞台のネタに比べると遙かに長尺で、テレビと比べても喋りの個人負担が圧倒的に多い。だからたとえば二時間の生放送を「面白いネタ」で埋め尽くすのは至難の業となる。そんな長い時間、次から次へと面白い出来事ばかりが起こるはずがない。

ゆえにそこで求められるのは、「つまらないことをも面白く伝えてしまう」魔法のような力だ。結果的に面白くなるのだから、「つまらない」という言いかたは語弊があるかもしれない。「取るに足らないこと」「どうでもいいこと」「完成度の低いもの」……つまり「話のネタとして弱いもの」ということになるが、そういった「そこらへんに転がっているもの」を面白くできなければ、ラジオは面白くならない。

だから僕がラジオの面白い芸人を信頼しているというのは、それによって、目の前で何が起きようとそれを笑いに変換してしまう芸人としての懐の深さが、自動的に証明されることになるからだ。

前置きがずいぶんと長くなったが、そういう場合は前置きこそが本論である。これは前置きではなく、アインシュタインというコンビの魅力の本質を、わりとストレートに伝えるつもりで書いている。

漫才六本とコント一本と幕間VTR、そして観客からの質問に答えるフリートーク。そんな単独然とした構成のライブから見えてきたものは、まさに前項の『アインシュタインのヒラメキラジオ』について書いたレビューで触れた二人の魅力を、ものの見事に証明してみせるものであった。

ボケが綺麗に決まったらもちろん面白いし、失敗したらしたでツッコミにより間違いなく笑いに変換される。成功も失敗も、どちらもコンスタントに笑いになるならば、それはもはや笑いの永久機関だろう。ラジオから感じていたブレイクの予感を、確信へと変えるライブであった。


【『アインシュタインのヒラメキラジオ』~追い込まれた先に煌めくヒラメキのプロセス~】
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-341.html

『アインシュタインのヒラメキラジオ』~追い込まれた先に煌めくヒラメキのプロセス~

news_header_hirameki_title.jpg

見た目に恐ろしくインパクトのあるコンビが、顔の見えないラジオでその本領を発揮している。こんなに痛快なことはない。そのねじれた状況が、すでに丸ごと面白い。「ねじれ」とは「笑い」であり、「笑い」とは「ねじれ」である。

この四月からはじまった『アインシュタインのヒラメキラジオ』(KBS京都)が、とにかく面白い。近年はじまったラジオ番組の中では、間違えなく随一の番組であると言い切れる。当初は三時間、この十月からは二時間半と、それでも充分に長尺の番組だが、ずっと聴いていられるどころか、毎度もっと聴いていたいと願う。むろんその願いは叶わないわけだが。

しかしそれは、僕がもともとアインシュタインの熱狂的なファンだから、というわけではない。もちろんアインシュタインというコンビを認識してはいたし、テレビでネタを観たこともあったが、正直ここまでのポテンシャルを感じてはいなかった。むしろその真の魅力に気づくのが遅れて申し訳なかった、という懺悔の気持ちすら芽生えている。

そもそものきっかけは、以前『日刊サイゾー』に連載していたラジオコラムで紹介したこともある『TENGA茶屋』(エフエム大阪)という番組だった。

この番組はケンドーコバヤシがパーソナリティを務める番組で、当初は女性アシスタントとの二人体制で番組が進められていた。その時点ですでに面白い番組ではあったのだが、その後、アシスタントがアインシュタインに交替したことにより、笑いの質が明確に底上げされたのを憶えている。いまはさらにアシスタントとして紗倉まなが加わり、頻繁に召還される稀代のトリックスター・TENGA社松浦氏の活躍もあって、他に類を見ない怪番組となっている。

『TENGA茶屋』の中でも、アインシュタイン河井の言語能力の高さと、稲田のイジられっぷりは大いに発揮されていた。前者は同じくワードセンスの権化であるケンコバと互いの言葉を引き出しあい、後者はまさにそのケンコバの容赦なき比喩表現により、その稀有なルックスを首がもげるほどイジられている(ケンコバによれば、稲田が今のようなルックスになった原因は、「先祖が七つの大罪を犯した罰」であり、「先祖が仏像をドアストッパーに使っていた報い」と定義されている)。

だがそのいずれも、やはりケンドーコバヤシという最高品質の「触媒」があってこそ成立する化学反応であって、アインシュタインの二人だけでどこまでやれるのか、というのは未知数であった。

そのような状況下で、といっても『TENGA茶屋』リスナーである僕が勝手に設定した状況に過ぎないのかもしれないが、そんな期待と不安がないまぜになった状況でこの四月にはじまったのがこの『ヒラメキラジオ』である。

当初は、番組開始時間が18時と浅いこと、そして女性アナウンサーがアシスタントとしてついていることから、お笑い的にはかなりぬるい放送になるのではないかと危惧していた。しかしそれらはいずれも杞憂だった。特に後者に関しては、むしろ強力な武器ですらあった。

アインシュタイン稲田のルックスは、一種の劇薬である。的確に使えば有効な大爆発(爆笑)を引き起こすが、間違った使い方をすると事故(客が引く)が起こる。そしてそのイジり方の見本を示してみせたのが、まさに『TENGA茶屋』におけるケンコバであった。彼が手加減なしに真正面からその顔面をイジり倒すことで、そのデフォルメの効いた顔面は鮮やかにファンタジーへと昇華される。

そしてそれは、危険水域を見極めることのできるケンコバにしかなし得ない、ある種特別な領域であるように思われた。しかしその立入禁止区域寸前にまで伸びる稲田の「イジりしろ」を的確に見極める男が、もうひとりいたのを忘れていた。相方の河井ゆずるである。当然のことなのだが、彼こそが、もっとも稲田の顔面と真正面から向きあい続けてきた人間なのである。

そして彼にもケンコバと同様、飛び抜けた言語感覚と比喩能力がある。稲田とは正反対のイケメンとして人気を博す彼ではあるが、けっしてそれだけの芸人ではない。その言葉選びのセンスは、関西系ツッコミとして同系統にあるブラックマヨネーズ小杉、フットボールアワー後藤をすでに凌いでいるかもしれない。

そのうえで、相方だからこそ踏み込める領域というのがたしかにある。「芸人をやっていなかったら何になりたかったか?」というリスナーの質問に対し、「海辺にサーフショップを開きたい」と答えた稲田に対し、「土左衛門と間違えられんで!」と容赦なく極北にある比喩を繰り出すこの鋭利な進入角度は、やはり共通理解のある相方でなければ不可能なアプローチだろう。

一方で、そうやってイジられ倒す稲田が窮鼠猫を噛む様子は「追い込まれ芸」の真骨頂である。これは逆に言えば、相方の河井による容赦なき「追い込み芸」とも言えるのだが、とにかく河井もアシスタントの中島静香も番組スタッフも、稲田を追い込むことにかけては手加減がない。番組全体が稲田に対する「無茶ぶり」になっているといっても過言ではない。

この番組において、稲田は番組名にある通り「ヒラメキ」という名のアドリブボケを終始求められ続ける立場にある。それはお笑いコンビのボケ担当なのだから当然といえば当然のことなのだが、この追い込まれるスピードの速さと、追い込まれた際に発動するリアクションの珍妙さは、毎度想定外にもほどがある。

しかしそれらは、普通の番組であれば一種の「ミス」として処理されるようなことばかり(台詞を噛んだり、タイミングを間違えたり、謎の機械音のような吐息を発したり)なのだが、それらすべての「ミス」が、河井の的確な状況説明によって、鮮やかに笑いへと変換されるというマジックが現出する。

稲田に対する河井のツッコミには、通常のお笑い的なツッコミよりも一段深く踏み込む部分がある。それは相手の言動だけでなく、「その背景にある思考回路にまでツッコむ」というもので、これをやると相手は完全に動きを封じられるのだが、それと引き替えにミスのプロセス全体がすっかり笑いに変わる。

これは具体例を出してもあまり面白さは伝わりにくいのだが、たとえばボケの人間が何か言葉を言い間違えた際に、単にその間違えを指摘するだけではたいした笑いにはならない。しかし、「本当はAと言おうと思ったのに途中で一瞬Bかもしれないと思って迷った挙げ句、ありもしないCという謎の言葉を発して慌てふためいてしまった」という思考回路をツッコミで的確にトレースできれば、その苦戦する脳内の動きも含めて受け手は面白いと感じる。

それはつまり、ボケる人の思考回路をどこまで想像できるか、という洞察力なのだと思う。特に河井の稲田に対する洞察力は凄まじいものがあり、その一挙手一投足を、稲田本人よりも遙かに上手く説明できてしまうという逆転現象が頻繁に起こる。

そして実はアシスタントの中島静香という人も、河井同等に稲田の思考回路を言い当ててしまうことがあって、彼女もまた稲田を「追い込んで生かす」というフォーメーションの中で非常に効いている。関西にはまだまだ凄腕の女性フリーアナウンサーがいるものだな、と改めて痛感する次第だが、逆に言うとすぐに思考回路を見抜かれてしまう稲田がおそろしく単純なだけかもしれない、と思わないでもない。

とにかく現状ですこぶる面白い番組なので、希望があるとすれば「なにひとつ改善しないでほしい」ということくらいである。大人ぶった人の中には、もっとシャープかつタイトにまとめて欲しいという向きもあるかもしれないが、そうなればいま持っている長所が引き替えになるのは目に見えているし、そもそも完成度を求めるのならばそれが出来る人は多い。とにかくこのまま突っ走ってほしい。

ちなみにこの番組、ポッドキャストで長めのダイジェストも配信されているので、まずはそちらからでも聴いてみることをおすすめする。番組の魅力を伝えようとしたら、思いのほか長くなった。それでもこの番組の魅力の十分の一も伝えられていない気がする。書き手がこれを言ってしまうと負けを認めたようになってしまうのだが、とにかく聴いてみてほしい。負けてもいい(何に?)ので、それだけは伝えたかった。


【『アインシュタインのヒラメキラジオ』(KBS京都)HP】
https://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/hirameki/

【『アインシュタインのヒラメキラジオ』ポッドキャスト】
https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1230041233?l=jp

【『日刊サイゾー』ラジオ批評連載コラム「逆にラジオ」第29回更新~『TENGA茶屋』~】
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-246.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。