FC2ブログ

テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場

2020年4月開始春ドラマ注目作ベスト5

春といえば新入生の季節、と言いたいところだが、今年の春ドラマは続編モノが多い多い。こんなに保守的な春も珍しい。これも新型コロナウイルスの影響か?とでも言いたくなるが、もちろんそれ以前からラインナップは決まっていたはずで。近年のドラマ界全体にはびこる守備的なスタンスが、顕著にうかがえる。

ちなみに続編モノは以下の7本。

『SUITS/スーツ- season2』(フジ)
『ハケンの品格』(フジ)
『特捜9 season3』(テレ朝)
『警視庁・捜査一課長2020』(テレ朝)
『BG~身辺警護人~』(テレ朝)
『家政婦のミタゾノ(第4シリーズ)』(テレ朝)
『半沢直樹』(TBS)

いつだって続編まみれのテレ朝2枠(『特捜』『捜査一課長』)は別にしても、これはさすがに多い。とはいえ、続編が作られるということはそれなりに実績がある作品というわけで、豪華といえば豪華な布陣ではある。

個人的には、『SUITS/スーツ』『BG~身辺警護人~』『家政婦のミタゾノ』『半沢直樹』の4作に関しては、前作が面白かったので期待している。もちろん、最注目は前作の最終回で驚異の視聴率「42.2%」を叩き出した『半沢直樹』だろう。

それでは、個人的に注目している作品を、5位から。


5位『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ/木曜22時/石原さとみ主演/4月9日スタート)

ETr0ozcUwAA6KHb-compressor.jpg

刑事ドラマと医療ドラマが多すぎると言われる昨今、いよいよ出た薬剤師ドラマ。

あえて選んだ地味な設定をどう生かしてくるのかに注目だが、同じく医療モノの『アンナチュラル』で好評を博し、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』で地味な職業に光を当てた石原さとみは、企画書的にはまさに適役であるはず。

脚本は『グランメゾン東京』を手掛けた実力派の黒岩勉。今クール2本のドラマを担当する売れっ子脚本家(もう1本はテレ東の『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』)が、これまでの医療ドラマと比べてどう違う角度で攻めてくるのかに注目している。

【公式HP】
https://www.fujitv.co.jp/unsung/?51892


4位『レンタルなんもしない人』(テレビ東京/水曜24時12分/増田貴久主演/4月8日スタート)

200318_main-compressor.jpg

本当になんにもしないのに、誰かの何かの役に立っている「レンタルさん」こと「レンタルなんもしない人」。以前『ザ・ノンフィクション』でやっていた「レンタルなんもしない人」のドキュメンタリーは面白かった。

今回はドキュメンタリーのあの地味な面白さを、地味なままドラマとして面白くできるのかどうか。エピソードは地味ながら特異なものが揃っているはずなので、「ドラマとしての仕上がり」に期待したい。

【公式HP】
https://www.tv-tokyo.co.jp/rentalsan/


3位『半沢直樹』(TBS/日曜21時/堺雅人主演/4月19日スタート)

maxresdefault-compressor.jpg

これはもう説明不要だろう。メインの脚本家が代わっているのが少々気になるが、クオリティは間違いないだろう。問題は前作を超えられるかどうかの一点に尽きる。もちろん超えなくとも、充分な数字にはなるはずだが。

当然「倍返し」は期待されるが、「倍返し」に続く別の決め台詞(倍率を増やすだけでなく)も欲しいところではある。どこかで新鮮味を出せるかどうか。

【公式HP】
https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/


2位『MIU404』(TBS/金曜22時/綾野剛・星野源主演/4月10日スタート)

maxresdefault-(1)-compressor.jpg

『逃げ恥』『アンナチュラル』『獣になれない私たち』の脚本家であり、さらには前クールのベスト深夜ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』で改めてその実力を見せつけた脚本家・野木亜紀子によるオリジナル脚本。

メジャー作からマニアックな作品に至るまで、全方位的にはずれなしの活躍を見せるいま一番人気の脚本家が、わりとオーソドックスに見える刑事モノにどういうアプローチをしてくるのか。

シリアスもコメディも書ける人だけに、その両者のバランスをどの位置で取ってくるのかが気になる。個人的には、両端いずれにも振り切った一挙両得を観たいが、そんなことがはたして可能なのか否か。

いずれにしろ、既存の刑事モノとの違いを見せつけてもらいたい。

【公式HP】
https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/


1位『家政婦のミタゾノ(第4シリーズ)』(テレビ朝日/金曜23時15分/松岡昌宏主演/4月24日スタート)

section-0001-0002-compressor.jpg

コメディとしてもヒューマンドラマとしても情報番組(?)としても楽しめる稀有な構成と、最強のキャラクターを擁するあの作品が帰ってきた。

このドラマの魅力に関しては、以前思いっきり書いたのでそちらをぜひ。

《2018春ドラマ初回レビュー~『家政夫のミタゾノ』シーズン2~》
https://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-345.html

懸念があるとすれば、第4シリーズということで、そろそろ息切れしてくる可能性もある、という点だろうか。

とりあえず毎度のことながら、第1話のきっと派手すぎるに違いない登場シーンに注目である。

【公式HP】
https://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/#/?category=drama

スポンサーサイト



『M-1グランプリ2019』決勝感想~コーンフレークの五角形ともなかの怖い柄~

maxresdefault-1280x720-compressor_20191220024708d92.jpg


【ニューヨーク】
相方が自作のラブソングを歌い出し、それに対して律儀にツッコミ続けるという形。

狙いとしては、たとえばYouTubeでよくあるような、リアルにヤバめの人が本気で作った的はずれな歌を遠くから観て笑うような構図で、よくも悪くも今っぽい笑いのスタンス。

その手の笑いは、今やすっかり一般化しているので、広く受け入れられる可能性が高い。それは確かだが、実際にはその先に大きな問題が横たわっている。

それは笑いの勝負をする相手が芸人ではなく、「リアルにヤバい人」になってしまうということ。当然、地上波のテレビはYouTubeよりも表現の規制が大きいわけで、そうなると、どうしても「リアルにヤバい人」を超える狂気をテレビで表現するのは難しい。

逆に言えば、僕はこのネタを観ていて、もっと壊れた歌を聴きたいと思ってしまった。だがあれ以上の狂気を表現するのが状況的に難しい以上、別のところで勝負をする必要が出てくるわけで、それがプロフェッショナルなツッコミという部分だったのだと思う。

ただそうなると、今度は歌とツッコミの距離感が凄く難しくて、ここまでクッキリと役割が分かれてしまうと、二人で共通の世界観を構築して観客を巻き込んでいくというグルーヴのようなものが生まれにくくなってしまう。

審査員の松本人志が言っていたのも、たぶんそれに近いことなんじゃないかと思う。ツッコミの人が笑いながらツッコんでいるというのは、ツッコミの人がボケの人の世界の外側からそれを眺めているからで、そうなると視聴者もツッコミ目線に巻き込まれて、世界観への入り口を見失ってしまう。

そしてそれはまさにYouTuberの動画を眺める視聴者の距離感でもある。それは漫才にとって、演者と観客の新しい距離感なのかもしれないと思う一方で、YouTubeと違って観客が目の前にいる状況においては、やはり難しい距離感なのかもしれないとも感じた。


【かまいたち】
ちょっとした言い間違いを全部相手のせいにして逆ギレしてみたり、取るに足らない自慢でマウントを取りにいったりという、いわば論破型漫才。

最小限の素材を最大限に転がすミニマリズム。素材の量から考えると、実にハイコストパフォーマンスな漫才であると言える。千鳥のワンフレーズの繰り返しだけで成立させてしまう漫才ほどではないが、料理人の腕前が如実に試されるスタイル。

限られた素材の中でも、客を飽きさせぬように手を変え品を変え味つけを変化させ、後半に向けて徐々に味を濃くしてゆく展開の妙は流石。この腕前ならば、どんなにジャンクな素材でも一流の料理に仕上げてしまうのではないかと思わせる。

例年であれば、優勝してもまったく不思議はない。


【和牛(敗者復活枠)】
準決勝で和牛が落ちたと聞いたときには、ご多分に漏れず「なぜだ?」と憤慨したものだが、今回のネタを観ると残念ながら納得してしまった。

去年までの和牛のネタはどれも素晴らしかっただけに、常にそれと比較されてしまうという不利な部分もあるだろう。

しかし今年は過去に比べるとあまり爆発力がなく、観客を驚かせる後半の展開も、いつもより思いきりに欠けていて小規模に終わった印象。

実力者であることはすでに証明済みなので、ありがちな問題ではあるが、売れたことによって漫才に対するモチベーションが低下しているのではないかと勝手に心配したくもなる。


【すゑひろがりず】
能や狂言っぽい演出を取り入れた伝統芸能漫才?

演出はたしかに個性的だが、中身は案外オーソドックス。

これで内容も奇抜にしてしまうと、それはそれでわけがわからなくなってしまうだろうから、そこはどうしてもトレードオフの関係になってしまうのだろう。

そういう意味では、この演出手法による可能性と同時に限界も感じた。


【からし蓮根】
前半は細かいボケでくすぐり、後半に相方を轢くところで爆笑が訪れる。

こう書くと一見理想的な展開に見えるけれど、いかんせん前半が低空飛行だった。

まだまだネタに本人たちのキャラクターが出きっていない印象があるので、そこに可能性を感じる。


【見取り図】
褒め合う設定から、妙なあだ名をつけてディスり合う状況へと展開。

相方につける個々のあだ名の中にはいくつもパンチのあるものがあって、特に「あおり運転の申し子」あたりは秀逸だった。
そして上から両手を組んで振り下ろす「ベジータの殴りかた」と、忘れたころに繰り出される一度限りの時間差ツッコミ。

このように面白かった要素はいっぱい思い浮かぶのだが、それが有機的につながっていかない感じがもどかしくもある。的確な枠組みを見つけてこのレベルの要素を一直線に並べることができたなら、爆発する予感は常にある。


【ミルクボーイ】
まずは見た目の圧倒的な古さに度肝を抜かれた。まさかそれが結果的にプラスに働くとは夢にも思わなかった。

一本目は「コーンフレーク」、二本目は「もなか」という正解に、近づいたり離れたりを交互に繰り返す、行ったり来たりの往来漫才。とにかく繰り出すワードが終始面白く、隙がなかった。

その面白さの一番の要因は、「あるある」のラインが絶妙であるということ。

「あるある」というのは、ありすぎてもなさすぎても面白くならなくて、「言われてみればたしかに」というくらいがちょうど面白い。つまり、言われることによって受け手に何らかの気づきがもたらされ、発見の喜びすら感じさせるのが理想的な「あるある」なのだと思う。

そういう意味で、「コーンフレークの袋に書いてある成分表示の五角形グラフ」とか、「もなかの皮にプリントされがちな、なんだかわからないけど怖い図柄」なんていうのは、まさに「言われてみればたしかに」という気づきのある理想的な「あるある」度合い。

彼らもかまいたち同様、ひとつのお題を狭く深く縦に掘り下げてゆくミニマルな漫才で、この形はやはり設定の道具立てが少ないぶんだけ、漫才師としての実力を感じさせる。

二本目はそこまで大差ではなかったとは思うが、見事な歴代最高得点&完全優勝だった。


【オズワルド】
「噛み合わないまま進む会話」というスタイルは、おぎやはぎを彷彿とさせる。喋りかたもかなり似ている。

関西勢が作った雰囲気の中で、ややシュールな空気感をもたらすも、観客を巻き込むまでには至らなかった。


【インディアンス】
基本的にはNON STYLE系のスピード重視型で、細かいジャブを連発してくるスタイル。そのぶん、一発一発の精度にバラつきがある。

見た目と動きからアンタッチャブルを連想する部分もあるが、あそこまで逸脱したうえで、さらに逸脱した先へ先へと展開してゆくほどの果敢さはない。ちょっと脱線しては律儀に本線に戻ってくるぶん、ややこじんまりした印象。

基本的にはわりと『M-1』に向いているとされるスタイルではあると思うが、テンポに慣れてくると後半飽きてくるという、スピード型の弱点も改めて感じた。


【ぺこぱ】
ヴィジュアル系の面倒くさいツッコミは癖になる。

本来は相手の間違いを正すべきツッコミという武器を、何事をもポジティブに昇華する歯の浮くようなメッセージに持ち替えて。

つまり相方に向けてツッコんでいるようで実は全然ツッコんでなんていなくて、結果的には相方含め客席全体にフワッとポジティブなバイブスを投げかけるというピースフルで斬新な手法。

それがヴィジュアル系のあるあるかと言われると、正直あまりピンと来ない感じもするのだが、あの行きすぎたファッションとメッセージの前向きさのギャップも含めて、強烈なインパクトを残した。

最終決戦では一票も入らなかったが、他二組とそこまでの差はなかったように思う。


《『M-1グランプリ2018』決勝感想~ストライクからボールになるツッコミがうなりを上げる笑いの奪三振ショー~》
https://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-347.html
《『M-1グランプリ2017』決勝感想~「二本勝負」という困難との戦い~》
http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-343.html
《『M-1グランプリ2016』感想~改めて「漫才らしい漫才」というベタな評価軸を持ち出さねば測りきれぬほどの、まれに見る接戦~》
http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-332.html
《『M-1グランプリ2015』感想~「ネタ」と「キャラ」の融合が生み出すミラクル薄毛ファンタジー~》
http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-301.html
《『M-1グランプリ2010』感想》
http://tmykinoue.hatenablog.com/entry/20101226/1293372609
《観客の反応がすべてを支配しすぎ、だが結果は意外と順当 ~M-1グランプリ2009総評~》
http://tmykinoue.hatenablog.com/entry/20091222/1261426486
《「スピードで誤魔化せる範囲は限られる」M-1グランプリ2008総評》
http://tmykinoue.hatenablog.com/entry/20081222/1229948554

ドラマ『まだ結婚できない男』初回レビュー

『まだ結婚できない男』

あの一級建築士兼超一級屁理屈屋の桑野信介が帰ってきた。まだ初回なので全開とまではいかないが、まずはドラマ史上最強のキャラクターと再会できたことが嬉しい。

その一方で、続編のキャスティングが発表された時点からの不安がやはり現実のものになってしまった、という感触も少なからずある。これから回を追うごとに良くなっていくことを期待したいが、一作目に比べるとややポテンシャルが落ちる相関図になっているのも否めないように見えた。

一つ目はもちろん、一作目のヒロインであった早川先生こと夏川結衣の不在である。これは僕の中での夏川結衣評価が異様に高いというのもある(その理由のすべては、ドラマ『青い鳥』における魔性の快演、もしくはそれを超えた怪演)が、やはり主人公・桑野の屁理屈に唯一対抗できるのは、変幻自在な表情をシームレスに繰り出すあの早坂先生しかいないと改めて痛感させられた。

もちろん、今作は主人公の年齢設定が高いとはいえ、最近の夏川結衣の役柄からするとラブコメのヒロインは難しいという判断は理解できる。その後釜として選ばれたのが、吉田羊というのも納得はいく。これはオリジナルのファンの、いわゆるないものねだりというものだろう。

ただし今回のヒロインにやや物足りなさを感じるのは、役者が異なるというだけではなく、おそらくは職業選択の問題もあるのだと観ていて感じた。

前作のヒロインである早坂先生は医者という立場から、桑野と日夜舌戦を繰り広げていた。それこそがこのドラマの真骨頂だと思うのだが、この二人の舌戦がすこぶる面白かったのは、どちらも毎度一歩も譲らぬ互角の戦いを見せていたからだろう。

そして二人が互角であったその要因には、早坂先生の医者という職業が少なからず関係していたように思われる。いくら屁理屈屋の桑野でもこと病気に関しては、さんざんごねてみせるとはいえ、最終的には医者の理屈のもとに従わざるを得なかった。

それはきっと、医者が素人にはない専門知識を持っているというのが大きい。強固な屁理屈も、有無を言わさぬ科学の前には通用しないことがある。そういう意味で、早坂先生の持っている医学というのは、史上最高の屁理屈屋である桑野と対等に渡りあうための、最強の武器であった。

対して今作のヒロインである吉山まどか(吉田羊)は弁護士である。「先生」と呼ばれる職業であることは医者と共通しているし、社会的な地位も同じく高いレベルにあると言えるかもしれない。そういう意味では似たポジションの設定になっている。

だが一話目を観ていて気になったのは、吉山弁護士の理屈が、しばしば桑野の屁理屈にあっさりと負けてしまっているという点だった。これは単に吉山の弁護士としての力量の問題ではなく、そもそも弁護士という職種が持っている理屈の方向性が、桑野が駆使する屁理屈に思いのほか近いということを意味しているのではないだろうか。

いやだからといって、弁護士の論法が屁理屈であると言いたいわけではない。そうではなくて、医者が用いるある種科学的かつ専門的な理屈に比べると、弁護士の理屈のほうが一般人が用いる理屈に近いということなのだと思う。弁護士の理屈は、医者の理屈ほど素人をバッサリと切り捨てることができない。

つまり理屈の方向性が似ているのだ。ゆえに弁護士より弁の立つ素人がいてもおかしくはなく、それが桑野であるということになるのかもしれない。

だがこの点に関しては、まだ一話目だということを考慮に入れる必要がある。弁護士にも専門知識があり、素人に踏み込めない領域というものが少なからずあるはずで、それはこの先発揮されることになるだろう。そうなれば桑野と互角の舌戦が見られるかもしれないし、作品として当然そこは目指してくるに違いない。それこそがこのドラマの真骨頂なのだから。

そして二つ目の不安要素は、前作で桑野のエージェント役として機能していた沢崎こと高島礼子の不在である。桑野のすべてを知る仕事仲間という立場から、随所で意味深な発言を放つ彼女の存在は、このドラマにおいて桑野の「取扱説明書」の役割を果たしていた。その役割をメインで果たすのはもちろん、前作も今作も英治(塚本高史)だが、沢崎も同じく桑野の取説を視聴者に伝える重要な役割を担っていたということに、今作で彼女がいなくなって改めて気がついた。

代わりに今作では森山という役名の若い女性(咲妃みゆ)が桑野の仕事をプロデュースするようだが、一話目の時点では「桑野のことを面倒くさがっている人物」という立ち位置にとどまっている。

とはいえ、「歳を重ねてある程度の立場になると、周囲に苦言を呈してくれる人がいなくなる」という現実の映し鏡としては、このキャスティングはむしろ順当かつリアルな若返りであるとも言える。現時点ではキャラクターの薄さが気がかりだが、前作の沢崎とは異なる関係性を桑野と築いてゆくことを期待したい。

なんだかこのドラマが好きすぎるあまり、細かな不安要素ばかり指摘する文章になってしまったが、やはり桑野信介はドラマ史上最強とも言うべき稀有なキャラクターであり、本作が今期イチ推しのドラマであることに間違いはない。回を重ねるごとに前作とは違う魅力が生まれてくることもあるだろう。とりあえず、年末へ向けて楽しみが増えたことを素直に喜びつつ見守っていきたい。


【『まだ結婚できない男』第一話(TVer)】
https://tver.jp/corner/f0040725

【『まだ結婚できない男』公式HP】
https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html