FC2ブログ

テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場

ドラマ『まだ結婚できない男』初回レビュー

『まだ結婚できない男』

あの一級建築士兼超一級屁理屈屋の桑野信介が帰ってきた。まだ初回なので全開とまではいかないが、まずはドラマ史上最強のキャラクターと再会できたことが嬉しい。

その一方で、続編のキャスティングが発表された時点からの不安がやはり現実のものになってしまった、という感触も少なからずある。これから回を追うごとに良くなっていくことを期待したいが、一作目に比べるとややポテンシャルが落ちる相関図になっているのも否めないように見えた。

一つ目はもちろん、一作目のヒロインであった早川先生こと夏川結衣の不在である。これは僕の中での夏川結衣評価が異様に高いというのもある(その理由のすべては、ドラマ『青い鳥』における魔性の快演、もしくはそれを超えた怪演)が、やはり主人公・桑野の屁理屈に唯一対抗できるのは、変幻自在な表情をシームレスに繰り出すあの早坂先生しかいないと改めて痛感させられた。

もちろん、今作は主人公の年齢設定が高いとはいえ、最近の夏川結衣の役柄からするとラブコメのヒロインは難しいという判断は理解できる。その後釜として選ばれたのが、吉田羊というのも納得はいく。これはオリジナルのファンの、いわゆるないものねだりというものだろう。

ただし今回のヒロインにやや物足りなさを感じるのは、役者が異なるというだけではなく、おそらくは職業選択の問題もあるのだと観ていて感じた。

前作のヒロインである早坂先生は医者という立場から、桑野と日夜舌戦を繰り広げていた。それこそがこのドラマの真骨頂だと思うのだが、この二人の舌戦がすこぶる面白かったのは、どちらも毎度一歩も譲らぬ互角の戦いを見せていたからだろう。

そして二人が互角であったその要因には、早坂先生の医者という職業が少なからず関係していたように思われる。いくら屁理屈屋の桑野でもこと病気に関しては、さんざんごねてみせるとはいえ、最終的には医者の理屈のもとに従わざるを得なかった。

それはきっと、医者が素人にはない専門知識を持っているというのが大きい。強固な屁理屈も、有無を言わさぬ科学の前には通用しないことがある。そういう意味で、早坂先生の持っている医学というのは、史上最高の屁理屈屋である桑野と対等に渡りあうための、最強の武器であった。

対して今作のヒロインである吉山まどか(吉田羊)は弁護士である。「先生」と呼ばれる職業であることは医者と共通しているし、社会的な地位も同じく高いレベルにあると言えるかもしれない。そういう意味では似たポジションの設定になっている。

だが一話目を観ていて気になったのは、吉山弁護士の理屈が、しばしば桑野の屁理屈にあっさりと負けてしまっているという点だった。これは単に吉山の弁護士としての力量の問題ではなく、そもそも弁護士という職種が持っている理屈の方向性が、桑野
が駆使する屁理屈に思いのほか近いということを意味しているのではないだろうか。

いやだからといって、弁護士の論法が屁理屈であると言いたいわけではない。そうではなくて、医者が用いるある種科学的かつ専門的な理屈に比べると、弁護士の理屈のほうが一般人が用いる理屈に近いということなのだと思う。弁護士の理屈は、医者の理屈ほど素人をバッサリと切り捨てることができない。

つまり理屈の方向性が似ているのだ。ゆえに弁護士より弁の立つ素人がいてもおかしくはなく、それが桑野であるということになるのかもしれない。

だがこの点に関しては、まだ一話目だということを考慮に入れる必要がある。弁護士にも専門知識があり、素人に踏み込めない領域というものが少なからずあるはずで、それはこの先発揮されることになるだろう。そうなれば桑野と互角の舌戦が見られるかもしれないし、作品として当然そこは目指してくるに違いない。それこそがこのドラマの真骨頂なのだから。

そして二つ目の不安要素は、前作で桑野のエージェント役として機能していた沢崎こと高島礼子の不在である。桑野のすべてを知る仕事仲間という立場から、随所で意味深な発言を放つ彼女の存在は、このドラマにおいて桑野の「取扱説明書」の役割を果たしていた。その役割をメインで果たすのはもちろん、前作も今作も英治(塚本高史)だが、沢崎も同じく桑野の取説を視聴者に伝える重要な役割を担っていたということに、今作で彼女がいなくなって改めて気がついた。

代わりに今作では森山という役名の若い女性(咲妃みゆ)が桑野の仕事をプロデュースするようだが、一話目の時点では「桑野のことを面倒くさがっている人物」という立ち位置にとどまっている。

とはいえ、「歳を重ねてある程度の立場になると、周囲に苦言を呈してくれる人がいなくなる」という現実の映し鏡としては、このキャスティングはむしろ順当かつリアルな若返りであるとも言える。現時点ではキャラクターの薄さが気がかりだが、前作の沢崎とは異なる関係性を桑野と築いてゆくことを期待したい。

なんだかこのドラマが好きすぎるあまり、細かな不安要素ばかり指摘する文章になってしまったが、やはり桑野信介はドラマ史上最強とも言うべき稀有なキャラクターであり、本作が今期イチ推しのドラマであることに間違いはない。回を重ねるごとに前作とは違う魅力が生まれてくることもあるだろう。とりあえず、年末へ向けて楽しみが増えたことを素直に喜びつつ見守っていきたい。


【『まだ結婚できない男』第一話(TVer)】
https://tver.jp/corner/f0040725

【『まだ結婚できない男』公式HP】
https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html

スポンサーサイト



『キングオブコント2019』感想

キングオブコント2019

今年のキーワードは「爆発力」ということになるだろうか。審査員の多くが、ことあるごとにこの言葉を発していたのが印象的だった。逆に言えば5分という持ち時間の中で、ただの笑いではなく「爆笑」レベルの笑いを取るのがいかに難しいかということでもある。

そして「爆発力」を審査基準の中心に置いた場合、細かくシュールな笑いを積み重ねるタイプのコント師は、当然苦戦を強いられることになる。

平均値の高さよりは、それがたとえ一瞬であったとしても「最高到達点の高さを競う大会」という感じになってきているのが近年の傾向だろうか。そしてその最高到達点は、他の感情が入り交じった複雑な笑いではなく、ただ笑いしかない、純度の高い笑いであればあるほど良い。今年は特にそんな傾向が強かったように思う。

それでは以下、登場順に。


【うるとらブギーズ】
一本目は「催眠術師と被験者」という設定。だが被験者は、喋っている人間と一緒に喋ってしまう癖を持っている。ベタな設定に、面倒な要素をひとつ乗せることで違いを生み出してきた。

だがその「同時に喋ってしまう」というつけ足しの設定が、あまり機能しているとは思えなかった。当初は「二人で声を合わせて喋る」ということ自体が少し面白く感じられるものの、それだけでは中盤で飽きが来てしまう。その先にその特殊能力がなんらかの大きな問題を引き起こすかと思いきや、特に発展した用途もなく、そのままその一点のみを引きずったまま終わった印象。

審査員の評価はおおむね高かったが、設定に頼りすぎた結果、設定をぶちこわす爆発力よりも、設定をきっちりと守り切る方向へと意識を注いだ保守的な展開に物足りなさを感じた。

二本目は「サッカーの実況&解説」という設定。しかし解説者がすぐに脱線するタイプで、実況アナウンサーもわりとそれに乗っかってしまい、重要なシーンを見逃しまくることに。

個人的にはこちらのほうが、一本目よりもはるかに面白かった。最初は遠慮がちだった脱線トークだが、徐々に試合そっちのけで話自体のほうが楽しくなってきてしまう。その尻上がりにエスカレートする展開には、爆発力もあった。

一本目のような繰った設定よりも、二本目のようなシンプルな設定のほうが向いているコンビなのではと感じた。

【ネルソンズ】
口の軽い後輩たちが野球部の先輩の噂を広めてしまい、収拾がつかなくなるという、トリオ編成を生かした関係性コント。

しかし展開しそうな設定のわりには大きく展開することもなく、関係がねじれたり逆転したりということもない。後半逆転しかかっても、ただ瞬間的にキレるだけで終わってしまう。それ以前にキレるまでの流れがなさすぎるので、キレることで関係性が逆転することに爽快感がない。

キャラクターは魅力的であるだけに、それを最大限に生かす展開が欲しかった。

【空気階段】
「タクシーの運転手と客の会話」という古典的設定。

前半は運転手の人違い、記憶違いにまつわる小ネタが続く地味な展開に、この調子で最後まで行くのかと心配になってくる。しかしすべては前振りで、突如訪れる不穏かつ大胆な展開。

そこからはすべての「笑い」に「怖さ」が乗っかるという、ハイブリッドな笑いが続く。その喜怒哀楽入り交じった感触は、映画的というか演劇的というか文学的というか。

純粋な笑いは少ないが、これも間違いなく笑いであり個人的には好きなタイプ。ストレートな笑いの爆発を求める今回の審査基準でこれを評価するのは難しいかもしれないが、だとすればこの手の込み入った笑いを評価できる大会もあってほしい。

【ビスケットブラザーズ】
通常のコントっぽい入りから、突如『君の名は。』的なラブコメ展開へと突入。

アニメ設定に切り替わる瞬間の衝撃は大きいが、そこが展開上のピークになってしまい、その先はあまり変化がなく徐々にインパクトが薄れていく印象。後半のさらなる爆発を期待してしまう。

【ジャルジャル】
一本目はネルソンズと同じく野球部設定だが、そこへ「声の周波数がおかしな奴」という奇妙な設定が乗る。噛みあうことをイメージできない二つの要素を、平気でくっつけて一本のコントにしてしまうのがジャルジャルの凄さ。

さらには、この状況だと普通にコミュニケーション不全という状況が続くのかと思いきや、そこに「英語っぽく聞こえるがある程度近づくと日本語に聞こえる」というさらに面倒な設定が加わる。それにより、言語をひっくり返したりズラしたりしてみながら、どうすれば全部日本語に聞こえるのかという不毛な実験を繰り返す新たな展開が生まれる。

審査員のバナナマン設楽も言っていたが、よくこの思いつき上等のジャストアイデアを一本の作品という形に仕上げられるなぁと、改めて感心してしまう。きっかけは思いついても、その先を粘り強く考え続けるのは至難の業だ。

二本目は、「泥棒と鉢合わせ」という彼らにしてはベタな設定。偶然正解を叩き出し続ける泥棒の面白さはあるが、そこから次のステップがないのが物足りない。

謎のラストでジャルジャルらしい尖った部分を辛うじて残したが、やはり設定のひねりのなさが足を引っ張った。

【どぶろっく】
一本目。歌ネタをどうコントに落とし込んでくるのかと思いきや、その手があったか!のミュージカル調。その内容は、「病気の母親のために薬を探している男と、それを助けるために現れた森の神様」という童話的設定。

とにかくここぞと決めた一箇所へのこだわりが凄い。「大きなイチモツをください」というキラーフレーズをサビのように繰り返す、笑いの一点豪華主義。

基本的にはそれだけのシンプルな構造に見せかけつつ、神様が急に愛についてもっともらしい説教をはじめたり、男がいったん反省すると見せかけてより強く元に戻る展開など、飽きさせない展開も巧み。同じフレーズが、繰り返されるにつれてボディーブローのように効いてきて、後半には大爆発を起こす。

ひとことで言えばくだらなさの極致。だがそれはまた、純粋に「笑い」のみを目指して突き進むストイックな姿勢を体現していた。武器である歌も下ネタも一切捨てずに貫いたまま、どうにかして発展させようとした結果としてのハイブリッドな設定、そしてそれを迷いなくやりきる姿には、感動すら覚えた。そしてこの大会では、やはり爆発力が求められているということを改めて痛感した。

二本目も同じく「ミュージカル×童話」設定。今度は『金の斧』。

一本目とは二人の役割が入れ替わり、しかも神のほうがクレイジーであるというひねりが加えられていた。

しかしキラーフレーズは一本目と同じものであったため、それだけではひねりが充分ではないようにも感じた。それでも、一本目で観客の脳内に定着させておいた笑いの記憶を上手く利用する形で、見事優勝へとつなげた。

最後に言っていた「俺たち、これしかないんで」という言葉が、彼らの覚悟を物語っていた。

そういえばむかし僕はこんな↓エントリを書いたことがあった。彼らはすでにもう充分に評価されているような気もするが、実力者の優勝はやっぱり喜ばしい。

《どぶろっくがようやく来た!…かもしれない…もしかしてだけど…。~『日10☆演芸パレード』2013/3/10放送回~》
https://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-223.html

【かが屋】
閉店間際の喫茶店で待ちぼうけを喰らう男と、それを気遣う店員。ループする展開が、徐々に哀しみを加速させる。

「笑い」に「哀しみ」は必要不可欠だが、今回は「哀しみ」が「笑い」を超えなかったという印象。爆笑させるタイプのネタではないので、空気階段と同じく、彼らはこういう大会では不利かもしれない。

ただ、わりと方向性の近いシソンヌが優勝した大会でもあるから、「笑い」と「哀しみ」の配合比率によってはチャンスがあるのではないか。

個人的にはかなり好きなネタが多く、いまもっとも単独ライブを観てみたいコンビなので、今後に期待したい。

【GAG】
お笑い養成所の男女コンビと、女芸人の彼氏である市役所職員の相容れない価値観が衝突。

やはり東京03の関西版という雰囲気が強い。となると「大阪06」……?

トリオ編成を生かした繊細な関係性コントだが、動きやテンションで笑わせようとする場面が思いのほか多いのが、スタンスに合っていないような気が。

それこそ爆発力を得るための助けとして、演技を年々過剰にしてきているのかもしれないが、そこが妙に浮いているように感じられてしまったのも事実。

【ゾフィー】
腹話術師の謝罪会見。人形との会話で答え、人形にフォローさせるという斬新な手口。

腹話術の人形が振り向くたびに小さな笑いが起こるが、それにもやがて飽きが来てしまう。その先の展開を期待するが、特に意外性のある展開はなかった。

もっと人形が暴走して、手がつけられなくなるような状況が見たかった。人形の声がところどころ聴き取りづらいのも気になった。

【わらふぢなるお】
バンジージャンプのクレイジーなインストラクターと客。

細かい笑いが多く、展開はあるもののその展開が突拍子もなさすぎて腑に落ちず、なんとなくモヤモヤが残る。どんなにクレイジーなキャラクターにも、何かそうなる理由はあってほしい。ねじ伏せるような屁理屈が。




《『キングオブコント2018』感想》
https://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-346.html
《『キングオブコント2017』感想》
http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-340.html
《『キングオブコント2016』感想》
http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-330.html
《『キングオブコント2015』感想》
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-299.html
《『キングオブコント2014』感想》
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-282.html
《『キングオブコント2013』感想》
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-247.html
《『キングオブコント2012』感想》
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-200.html
《『キングオブコント2011』感想》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20110924/1316792355
《『キングオブコント2010』感想》
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20100924/1285257143

アンガールズ単独ライブ『俺の個性が暴走しちゃう日』~ふとした「きっかけ」と止まらない「逆転劇」のダイナミズム~

アンガールズ単独ライブ2019 「俺の個性が暴走しちゃう日」

お笑い芸人は、一般に「ネタ」で世に出て「キャラ」でブレイクすることになっている。しかしこの二つを両立するのはそう簡単なことではなくて、もしかすると二律背反であるのかもしれないとすら思う。そしてこの両者の割合は、時代によっても少なからず変化している。

昨年の「好きな芸人ランキング」で、過去14連覇中であった明石家さんまを抜いて、サンドウィッチマンが1位になったことが話題になった。彼らもまさに、『M-1』をきっかけに「ネタ」で世に出たのち、テレビ出演を通じて「キャラ」でブレイクした芸人であると思うが、一方で彼らはブレイク以降も依然として「ネタ」を軸に活動を行っているコンビでもある。

彼らがいまだに毎年欠かさず全国ツアーをやっているのは有名な話で、そのツアーの地道な成果がこのランキングにつながっているのは間違いのないところだろう。それはあまりに遠回りな手法と思われるかもしれないが、これはかつての演歌歌手の売れかたであり、アメリカのミュージシャンもライブから評判を上げてブレイクするパターンが多い。

彼らがランキングトップに輝いたという事実は、「ネタ」を愛する芸人たちに大きな希望を与えたのではないか。また受け手であるお笑いファンにとっても、「やはり芸人はネタで評価されるべきだ」という価値観が、少なからず見直されるきっかけになったのではないか。

前置きが長くなった。というか前置きが長い場合は、すでにそれが本題である可能性が高い。すでに「ネタ」でも「キャラ」でも世間に認知されているアンガールズの単独ライブ『俺の個性が暴走しちゃう日』は、そんな時代の転換点である今、もっとも理想的な配合比率で「ネタ」と「キャラ」が練り込まれたライブだった。

アンガールズのネタには、独特の世界観というか「因果律」がある。それは「正気と狂気がふとしたきっかけで反転する」世界であり、「弱者と強者が一瞬にして入れ替わる」という原理である。つまり彼らのネタの中では、頻繁に「逆転劇」が起こっている。それが観る者に大きなカタルシスをもたらす。

逆転劇を起こすには、むろん何かしらの「きっかけ」が必要となるが、彼らの場合、それはけっして派手なきっかけではない。バイト面接に来た青年がふと口にした綺麗事であったり、後輩が表明したちょっと癖のあるマイルールであったり、ほんの些細なきっかけを拾うことによって人間関係がギクシャクしはじめ、やがて逆転する。

この逆転劇の「きっかけ」を見つける人間観察力と洞察力、そしてそんなちょっとしたきっかけから、過剰防衛ともいえる行きすぎた「大逆転」にまで持っていく展開力。そんな、些細な言動から壮大な逆転劇を巻き起こす振れ幅=ダイナミズムが、大きければ大きいほど面白い。

そうやってネタが展開してゆくダイナミックなプロセスを、今回のタイトルである『俺の個性が暴走しちゃう日』というネーミングが見事に言いあらわしている。人間関係が逆転する「きっかけ」のポイントに辿りつくまでは、ネタとして精緻に組み立てられていくが、いったん逆転が起こったのちには、火のついたキャラクター=個性が暴走をはじめ、やがてネタの枠組みを軽々と超えた予想外の境地へと観客を連れていく。

繊細なネタと、その枠外へと大胆にはみ出してゆく圧倒的なキャラクター。「ネタ」と「キャラ」という芸人必須の二大要素が別々の次元ではなく、あくまでも「ネタ」という土台の上で存分に表現されているところに、アンガールズという芸人が持つ芯の強さと矜持を感じる。芸人が本気の「ネタ」をたゆまずやり続けることの重要性を改めて痛感させる、体型に似合わず頼もしい「笑い」がここにある。