FC2ブログ

テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場

『R-1ぐらんぷり2014』感想~「ジャンルレス」という足枷~

設定の自由度が高いからといって自由にできるとは限らない。自由は時に足枷となる。

『THE MANZAI』や『キングオブコント』に比べ、ジャンル的には遙かに自由度が高い大会であるにもかかわらず、結局のところ毎度「あるある+α」の範囲内における勝負になり、その「α」に代入できる選択肢もかなり限られてきている。中身の充実よりも、演出やアレンジの方向性にばかり気持ちが向かい、結果として肝心のあるあるの精度がおろそかになっているケースが多い。そのせいか、今年は特に『エンタ』っぽさが強いと感じた。あるあるでなくても別に良いはずなのだが。

以下、登場順に。

《Aブロック》
【レイザーラモンRG】
のっけから、いつも通りのRG。お堅い大会で「いつも通り」を貫くことが、自動的にその場の空気に対するカウンターとなり、期待に違わぬインパクトを与えていたが、「いつも通り」とはつまり「想定内」ということでもある。だが他の人たちが地味すぎたため、唯一無二のスタイルという意味では最も目立っていた。消去法で彼を優勝させるという選択肢もあっただろうが、作品として評価するには結構な勇気が必要。

【ヒューマン中村】
得意の日本語考察ネタ。「ダサかっこいい」的な「形容詞+形容詞」という組み合わせはたしかに可能性を感じさせるが、言葉の扱いがやや生真面目すぎた。例年に比べても、ちょっと守りに入った感触があって飛躍が足りない。

【TAIGA】
客席との掛け合いも含め、完全に往年の『エンタ』系。だが肝心のあるあるネタ自体が浅く、ラストのオチもお約束的。ライブ感を最優先した作りなのだろうが、それが演者と観客の間で閉じた空気を作り出してしまっていた。

【スギちゃん】
お馴染みのワイルドネタにBGMをプラス。+αというほどのプラスではないが、それなりに楽曲との「間」を利用する箇所もあり、わずかな違いを見せようという意志は伝わった。「ワイルド」のフォーマットを生かしつつ部分的に崩すという形を模索し続けているようだが、やはりオリジナルの型には勝てず、中途半端な感は否めない。

《Bブロック》
【小森園ひろし】
ひとりコントだがかなり説明的で、テンションや感情が感覚的に伝わりづらい。内容的にも「かぶせ」が多く、ボケのバリエーションに乏しい。

【ミヤシタガク】
駅員コントだが、同じ駅員コントをやる中川家・礼二やななめ45°に比べるとデフォルメが弱く、インパクトが薄い。そのぶんリアリティがあるかというとそうでもなく、中盤以降は駅員っぽい喋り方がほとんど消えてしまった。

【やまもとまさみ】
ひとりコントでありながら、中身はヒューマン中村と同じく言語遊戯系という組み合わせ。一本目はうろ覚えの遠回しな言葉を連発するスタイルで流れを作り、そのまま押し切ることに成功。バイクを「岩城(滉一)」と呼び、尾崎的に「盗んだ岩城」と言い放ったところで優勝は決定したようなもの。

二本目は全体に言葉の精度が低下し、強固なフレーズが見当たらなかったが、一本目のアドバンテージで逃げ切ったという印象。

【中山女子短期大学】
歌+フリップネタ。カレーをこぼすくだりの繰り返しのみで引っ張る前半はやや低調だったが、その長すぎるフリがラストの魔王登場により爆発。しかしやはり前半の密度の薄さが足を引っ張ったか。独特の間と空気感が気になったので二本目も観たかった。

《Cブロック》
【バイク川崎バイク】
こちらもRG同様、いつも通りのBKB。きっちりやってあっさり終えた。すでに安定感すら漂っているが、やまもとまさみがバイクを「岩城」呼ばわりして爆笑をさらった後のバイクネタは、少々気の毒だったような気も。

【馬と魚】
一本目はマキタスポーツ的作詞作曲モノマネ。上手いのだが、詞か曲かモノマネか、全部それらしくできているだけに、ちょっと観る側が的を絞りづらい。見せ場をきっちり心得て的確に押し出してくるという意味で、マキタスポーツのほうがレベルが高いと感じた。

二本目は、とにかくつかみとアンコールで観客をイジッて空回りしたのが致命傷になった。自分でもどこがウケているのか、まだ掴みきれていないのではないか。千鳥や雨上がりとの絡みでもその不安定さが気になって仕方なかった。

【おぐ】
自らのハゲを最大限活用した自虐ネタだが、正直昨年チャンピオンの三浦マイルドに比べるとハゲ方が面白くない。ハゲと言い切るには中途半端な段階で、そこまでのイジり甲斐がないと感じてしまった。

【じゅんいちダビッドソン】
本田のモノマネは言い回しからポージングまですこぶる似ているのだが、審査員も客席も、本田のプレーを観たことはあっても、インタビューはあまり観たことがなかったのだろうか。この本田ネタだけでなく、『レッドカーペット』でやっていたアメリカあるあるも、個人的には妙に好きなのだが。客席はかなりウケていたように感じたのだが、思いのほか票が伸びなかった。


例年低調だと言われがちな大会ではあるが、今年は特に奮わなかった。こうなると、さすがに適切な枠組みや足枷が必要かもしれない。そこにルールがないと、人は行動の基準をすっかり見失い、他人の顔色を伺って似たような行動を取りがちになる。皆が明文化されていない空気を読んで「傾向と対策」のみで動くから、どうしても結果同じような場所に着地してしまう。バリエーションを求めるのならば、むしろ適切なルールは必要不可欠である。スポーツを例に挙げるまでもなく。

《過去の感想》
『R-1ぐらんぷり2013』感想
http://arsenal4.blog65.fc2.com/blog-entry-219.html
『R-1ぐらんぷり2012』感想
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20120320/1332251737
『R-1ぐらんぷり2011』感想
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20110211/1297431251

電子書籍『悪戯短篇小説集 耳毛に憧れたって駄目』発売のお知らせ

もうひとつのブログ『泣きながら一気に書きました』に掲載していた悪戯な短篇小説らをこのたび一斉召集し、電子書籍化しました。

『耳毛に憧れたって駄目』表紙

「お笑い好きがお笑い好きに向けて書いた小説」という意味では、この批評ブログを読んでくださっている方にも楽しんでいただけるのでは、と思っています。意外とそういう小説は少ないので。

プロの絵師にわざわざ発注した表紙画をはじめ、著者あとがき・解説(講談社文芸文庫並みの長文)・レーベル名(虚実空転文庫)・ロゴマーク(髭の奴)、挿絵(耳毛の奴)等々、無駄に作り込んでみました。文庫本サイズに換算すると124ページ、計34本の短篇集です(電子書籍なので、ページ数は端末によって変化します)。

中扉はこんな感じになってます。

『耳毛』中扉

そして本文はこんな按配。

『耳毛』本文

ついでに奥付も。

『耳毛』奥付

ちなみに、ラインナップは以下のようになっております。

【目次】
 不向き村
 使えない理由
 耳毛に憧れたって駄目
 ランドリー・マン
 ランドリー・マン 取り調べVer.
 伝説のハンター
 営業筋
 元祖エビサーの誕生
 流行語全部入り小説二〇一三
 来たれ若人!
 リバー・ランズ・スルー・ヘッド
 元祖ハダサーの誕生
 フレンドパークでたわしを狙え!
 中肉中背の男
 文字通りな男
 かもしれない男
 理
 ドーナツ化現象
 ガンズ安堵おばはん
 風の無礼者
 大丈夫
 知ったかじん
 しゃもじの乱
 逆に
 食う変
 髭すぎる森の鳴りすぎる熊さん
 座恋(すわれん)
 誤解神・訓田故事介
 TRUTH
 穴説
 ベスト・ガイ
 理想的な出会い~ハイスクール編~
 いつもより余計に回っております
 史上最強の失業者
 あとがき
 解説

なお、電子書籍化に伴い、ブログに掲載していた短篇小説の大半を閉じることになりましたが、試し読み用にいくつかの作品は残してあります。もうひとつのブログ『泣きながら一気に書きました』の左記カテゴリー一覧「短篇小説」の欄から飛ぶことができますので、ちょっと覗いてやろうかという方は是非ご一読ください。今後も新作を書いていく予定です。

とりあえず以下の3本あたりを読んでいただくと、ニュアンスが掴めるかと思います。もしかすると、より掴めなくなるかもしれません。

「不向き村」
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20120402/1333359310
「ランドリー・マン」
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20090708/1247060911
「流行語全部入り小説2013」
http://d.hatena.ne.jp/arsenal4/20131121/1384960920

耳毛の生えている方も生えていない方も、生やしたい方も生やしたくない方も、伸びきったもみあげを耳毛だと言い張っている方は別にして(なぜ?)、どうぞよろしくお願いいたします。



  【レーベルロゴ】
虚実空転文庫ロゴ
©メーベ・ロシフスメキー