FC2ブログ

テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場

2019春ドラマ(4月スタート)なんとなく注目作ベスト5

いつのまにか春ドラマのラインナップが出揃っていた。もう桜が咲いているので当然である。散るころに始まることになるだろうか。

つまりドラマのスタートまでにはまだ少し時間がある。このあいだに、今期はどのドラマを観て、どのドラマは観なくていいのかを決めておきたい。

そんな僕個人のニーズが、誰かに共有されるものなのかどうかはわからない。しかしまだ1話目も放送されていない今の段階で、とりあえず各公式HPの情報を見た程度の感じで、今期どのドラマを観るべきかを勝手に並べてみたいと思う。

実は毎度改編期のたび、そんなことを個人的にやっているのだが、やはり期待と実際というのは少なからず異なるもので、すっかり期待はずれだったり意外な作品が良かったりという誤算は毎度ある。

なのでこれは現段階における予想みたいなもので、できればひと通り第1話を観終わったあたりで、この予想に対するアンサー的な真のおすすめランキングを書きたいと思っている。

いまのところそう思っているだけなので、誰かから要望があればきっと書くし、要望がなくても書くかもしれない。

今回はとりあえず、自分の中に湧きあがる期待度を目安に順位もつけてみた。ちなみに1位は断トツであることを付け加えておきたい。


5位 『あなたの番です』(日本テレビ/日曜22時30分/原田知世、田中圭主演/4月14日スタート)

Dx8WrALVAAAxN3R_201903300129137c4.jpg

【公式HP】https://www.ntv.co.jp/anaban/

「企画・原案:秋元康」という、最大の売りっぽい要素が一番の不安要素なのだが、それ以外はキャスト、設定ともに充実している印象。

4~9月までの2クール連続放送という試みも、むしろ中だるみを予感させる不安要素であるような気もするが、かなり大きく振りかぶったミステリー設定の緊張感がどこまで続くのか。

4位 『わたし、定時で帰ります。』(TBS/火曜22時/吉高由里子主演/4月16日スタート)

D1sYp29U0AEJwbs.jpg

【公式HP】http://www.tbs.co.jp/watatei/

吉高由里子主演といえば、『東京タラレバ娘』がとても良かった。この作品も、HPを見る限り方向性は近いような気もするが、こちらは恋愛というよりは、やや仕事重視の設定か。

シリアスな湊かなえ作品を手掛けてきた脚本家の奥寺佐渡子が、どの程度コメディ成分を入れてくるのかが読めないが、吉高由里子を生かすには、やはり基本的にラブコメ寄りであってほしい。

3位 『緊急取調室 3rd SEASON』(テレビ朝日/木曜21時/天海祐希主演/4月11日)

800x516xcb915dea88c86f7abe7a2680.jpg

【公式HP】https://www.tv-asahi.co.jp/kintori/#/?category=drama

今期のテレ朝はいつも以上に続編モノが多く、通常ならばこういう保守的なスタンスには否定的なのだが、そんな続編モノの中にもやはりクオリティの善し悪しはあって、これは間違いなく前者。

すでに出尽くしたと思われる刑事ドラマというジャンル内でも、近ごろは他と差別化をはかるための細分化が行われているが、その大半は「これならば普通の刑事モノにしてくれたほうが良かったのに」という元も子もない仕上がりになっていたりする。

しかしこのドラマは数少ない成功例のひとつで、極度にインドアな「取り調べ」という行為の中から、事件の真相や犯人の真意を浮かび上がらせるという、とても難しいプロセスでエンターテインメントを成立させているのが興味深い。

それを可能にしているのはやはり言葉の力で、それしか武器がないぶん、言葉を愛する人間には楽しみが大きいように思う。

2位 『東京独身男子』(テレビ朝日/土曜23時15分/高橋一生主演/4月13日スタート)

a2JSDD59_400x400.jpg

【公式HP】https://www.tv-asahi.co.jp/tokyo-dokushin-danshi/#/?category=drama

名ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』でアラフォー女子の婚活を描いた脚本家・金子ありさが、今度は正反対にいる同じくアラフォーの「あえて結婚しない男子」を描くという、カウンター的な企画がまず面白い。

同ジャンルには、阿部寛がコメディからシリアスまで最大の振れ幅で演じきった不朽の名作『結婚できない男』があるが、こちらは3人の「あえて結婚しない男子」を中心に描くとのことで、大人数の関係性を生かし切れるのか、あるいは散漫になるのかが気になるところ。

『私 結婚できないんじゃなくて~』の実績があるとはいえ、あれは『スパルタ婚活塾』という異様にキャラの立った実用書(?)が強力なベースとしてあったため、原作なしであのレベルに到達できるのかという点にも個人的には注目している。

高橋一生、斎藤工、滝藤賢一という男3人のキャラクター配置も、何かが起こりそうな予感を孕んでいて面白い。

1位 『家政夫のミタゾノ(パート3)』(テレビ朝日/金曜23時15分/松岡昌宏主演/4月19日スタート)

001_size6.jpg

【公式HP】https://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/#/?category=drama

今期ぶっちぎりの注目作。いやどんなタイミングでどんな作品に囲まれようと、いつだってこの作品は僕にとってきっと一番の注目作なのだが。

このドラマの魅力に関しては、パート2放送時に当ブログでも書いたのだった。

http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-345.html

あのお化け視聴率ドラマ『半沢直樹』の脚本家が、こんなにふざけた脚本を書いている、というだけでも充分に痛快なのだが、ふざけているだけでなくシリアスな深さも存分にある上に、さらに役に立つ生活の知恵まで盛り込まれているという無双っぷり。

この濃密さでパート3まで来たのは奇跡のようにも思えるが、ここまで来たらどこまで全速力で走れるのか見届けたい思い。

スポンサーサイト