FC2ブログ

テレビに耳ありラジオに目あり

テレビ/ラジオを自由気ままに楽しむためのレビュー・感想おもちゃ箱、あるいは思考遊戯場

アンガールズ単独ライブ『俺の個性が暴走しちゃう日』~ふとした「きっかけ」と止まらない「逆転劇」のダイナミズム~

アンガールズ単独ライブ2019 「俺の個性が暴走しちゃう日」

お笑い芸人は、一般に「ネタ」で世に出て「キャラ」でブレイクすることになっている。しかしこの二つを両立するのはそう簡単なことではなくて、もしかすると二律背反であるのかもしれないとすら思う。そしてこの両者の割合は、時代によっても少なからず変化している。

昨年の「好きな芸人ランキング」で、過去14連覇中であった明石家さんまを抜いて、サンドウィッチマンが1位になったことが話題になった。彼らもまさに、『M-1』をきっかけに「ネタ」で世に出たのち、テレビ出演を通じて「キャラ」でブレイクした芸人であると思うが、一方で彼らはブレイク以降も依然として「ネタ」を軸に活動を行っているコンビでもある。

彼らがいまだに毎年欠かさず全国ツアーをやっているのは有名な話で、そのツアーの地道な成果がこのランキングにつながっているのは間違いのないところだろう。それはあまりに遠回りな手法と思われるかもしれないが、これはかつての演歌歌手の売れかたであり、アメリカのミュージシャンもライブから評判を上げてブレイクするパターンが多い。

彼らがランキングトップに輝いたという事実は、「ネタ」を愛する芸人たちに大きな希望を与えたのではないか。また受け手であるお笑いファンにとっても、「やはり芸人はネタで評価されるべきだ」という価値観が、少なからず見直されるきっかけになったのではないか。

前置きが長くなった。というか前置きが長い場合は、すでにそれが本題である可能性が高い。すでに「ネタ」でも「キャラ」でも世間に認知されているアンガールズの単独ライブ『俺の個性が暴走しちゃう日』は、そんな時代の転換点である今、もっとも理想的な配合比率で「ネタ」と「キャラ」が練り込まれたライブだった。

アンガールズのネタには、独特の世界観というか「因果律」がある。それは「正気と狂気がふとしたきっかけで反転する」世界であり、「弱者と強者が一瞬にして入れ替わる」という原理である。つまり彼らのネタの中では、頻繁に「逆転劇」が起こっている。それが観る者に大きなカタルシスをもたらす。

逆転劇を起こすには、むろん何かしらの「きっかけ」が必要となるが、彼らの場合、それはけっして派手なきっかけではない。バイト面接に来た青年がふと口にした綺麗事であったり、後輩が表明したちょっと癖のあるマイルールであったり、ほんの些細なきっかけを拾うことによって人間関係がギクシャクしはじめ、やがて逆転する。

この逆転劇の「きっかけ」を見つける人間観察力と洞察力、そしてそんなちょっとしたきっかけから、過剰防衛ともいえる行きすぎた「大逆転」にまで持っていく展開力。そんな、些細な言動から壮大な逆転劇を巻き起こす振れ幅=ダイナミズムが、大きければ大きいほど面白い。

そうやってネタが展開してゆくダイナミックなプロセスを、今回のタイトルである『俺の個性が暴走しちゃう日』というネーミングが見事に言いあらわしている。人間関係が逆転する「きっかけ」のポイントに辿りつくまでは、ネタとして精緻に組み立てられていくが、いったん逆転が起こったのちには、火のついたキャラクター=個性が暴走をはじめ、やがてネタの枠組みを軽々と超えた予想外の境地へと観客を連れていく。

繊細なネタと、その枠外へと大胆にはみ出してゆく圧倒的なキャラクター。「ネタ」と「キャラ」という芸人必須の二大要素が別々の次元ではなく、あくまでも「ネタ」という土台の上で存分に表現されているところに、アンガールズという芸人が持つ芯の強さと矜持を感じる。芸人が本気の「ネタ」をたゆまずやり続けることの重要性を改めて痛感させる、体型に似合わず頼もしい「笑い」がここにある。


2019春ドラマ(4月スタート)なんとなく注目作ベスト5

いつのまにか春ドラマのラインナップが出揃っていた。もう桜が咲いているので当然である。散るころに始まることになるだろうか。

つまりドラマのスタートまでにはまだ少し時間がある。このあいだに、今期はどのドラマを観て、どのドラマは観なくていいのかを決めておきたい。

そんな僕個人のニーズが、誰かに共有されるものなのかどうかはわからない。しかしまだ1話目も放送されていない今の段階で、とりあえず各公式HPの情報を見た程度の感じで、今期どのドラマを観るべきかを勝手に並べてみたいと思う。

実は毎度改編期のたび、そんなことを個人的にやっているのだが、やはり期待と実際というのは少なからず異なるもので、すっかり期待はずれだったり意外な作品が良かったりという誤算は毎度ある。

なのでこれは現段階における予想みたいなもので、できればひと通り第1話を観終わったあたりで、この予想に対するアンサー的な真のおすすめランキングを書きたいと思っている。

いまのところそう思っているだけなので、誰かから要望があればきっと書くし、要望がなくても書くかもしれない。

今回はとりあえず、自分の中に湧きあがる期待度を目安に順位もつけてみた。ちなみに1位は断トツであることを付け加えておきたい。


5位 『あなたの番です』(日本テレビ/日曜22時30分/原田知世、田中圭主演/4月14日スタート)

Dx8WrALVAAAxN3R_201903300129137c4.jpg

【公式HP】https://www.ntv.co.jp/anaban/

「企画・原案:秋元康」という、最大の売りっぽい要素が一番の不安要素なのだが、それ以外はキャスト、設定ともに充実している印象。

4~9月までの2クール連続放送という試みも、むしろ中だるみを予感させる不安要素であるような気もするが、かなり大きく振りかぶったミステリー設定の緊張感がどこまで続くのか。

4位 『わたし、定時で帰ります。』(TBS/火曜22時/吉高由里子主演/4月16日スタート)

D1sYp29U0AEJwbs.jpg

【公式HP】http://www.tbs.co.jp/watatei/

吉高由里子主演といえば、『東京タラレバ娘』がとても良かった。この作品も、HPを見る限り方向性は近いような気もするが、こちらは恋愛というよりは、やや仕事重視の設定か。

シリアスな湊かなえ作品を手掛けてきた脚本家の奥寺佐渡子が、どの程度コメディ成分を入れてくるのかが読めないが、吉高由里子を生かすには、やはり基本的にラブコメ寄りであってほしい。

3位 『緊急取調室 3rd SEASON』(テレビ朝日/木曜21時/天海祐希主演/4月11日)

800x516xcb915dea88c86f7abe7a2680.jpg

【公式HP】https://www.tv-asahi.co.jp/kintori/#/?category=drama

今期のテレ朝はいつも以上に続編モノが多く、通常ならばこういう保守的なスタンスには否定的なのだが、そんな続編モノの中にもやはりクオリティの善し悪しはあって、これは間違いなく前者。

すでに出尽くしたと思われる刑事ドラマというジャンル内でも、近ごろは他と差別化をはかるための細分化が行われているが、その大半は「これならば普通の刑事モノにしてくれたほうが良かったのに」という元も子もない仕上がりになっていたりする。

しかしこのドラマは数少ない成功例のひとつで、極度にインドアな「取り調べ」という行為の中から、事件の真相や犯人の真意を浮かび上がらせるという、とても難しいプロセスでエンターテインメントを成立させているのが興味深い。

それを可能にしているのはやはり言葉の力で、それしか武器がないぶん、言葉を愛する人間には楽しみが大きいように思う。

2位 『東京独身男子』(テレビ朝日/土曜23時15分/高橋一生主演/4月13日スタート)

a2JSDD59_400x400.jpg

【公式HP】https://www.tv-asahi.co.jp/tokyo-dokushin-danshi/#/?category=drama

名ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』でアラフォー女子の婚活を描いた脚本家・金子ありさが、今度は正反対にいる同じくアラフォーの「あえて結婚しない男子」を描くという、カウンター的な企画がまず面白い。

同ジャンルには、阿部寛がコメディからシリアスまで最大の振れ幅で演じきった不朽の名作『結婚できない男』があるが、こちらは3人の「あえて結婚しない男子」を中心に描くとのことで、大人数の関係性を生かし切れるのか、あるいは散漫になるのかが気になるところ。

『私 結婚できないんじゃなくて~』の実績があるとはいえ、あれは『スパルタ婚活塾』という異様にキャラの立った実用書(?)が強力なベースとしてあったため、原作なしであのレベルに到達できるのかという点にも個人的には注目している。

高橋一生、斎藤工、滝藤賢一という男3人のキャラクター配置も、何かが起こりそうな予感を孕んでいて面白い。

1位 『家政夫のミタゾノ(パート3)』(テレビ朝日/金曜23時15分/松岡昌宏主演/4月19日スタート)

001_size6.jpg

【公式HP】https://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/#/?category=drama

今期ぶっちぎりの注目作。いやどんなタイミングでどんな作品に囲まれようと、いつだってこの作品は僕にとってきっと一番の注目作なのだが。

このドラマの魅力に関しては、パート2放送時に当ブログでも書いたのだった。

http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-345.html

あのお化け視聴率ドラマ『半沢直樹』の脚本家が、こんなにふざけた脚本を書いている、というだけでも充分に痛快なのだが、ふざけているだけでなくシリアスな深さも存分にある上に、さらに役に立つ生活の知恵まで盛り込まれているという無双っぷり。

この濃密さでパート3まで来たのは奇跡のようにも思えるが、ここまで来たらどこまで全速力で走れるのか見届けたい思い。

『M-1グランプリ2018』決勝感想~ストライクからボールになるツッコミがうなりを上げる笑いの奪三振ショー~

logo-compressor.png

漫才はボケが主役だと思われがちだが、ツッコミがどこまで攻めるのかも今や重要で。というのはたとえツッコミの普及以降、すっかり一般化したお笑い観であると思われるが、今回ほど「ツッコミの精度」で優勝が決まった大会は初めてかもしれない。これに関して、詳しくはのちほど霜降り明星の項目で触れる。

正直なところ今回は、ナイツ塙を加えた審査員勢のコメントがいちいち的確で、客観的な評価について言うべきことはほぼすべて言い尽くされているような気がする。

いやだからといって、ここでいつも書いている文章がことさらに客観的であると言い張るつもりはないのだが、審査員への以下同文を連打してもしょうがないので、今のところいつもよりは個人的な主観を前面に出して書くべきかなとは思っている。だがもちろん、書いてみないとわからない。

とりあえず分量的には、例年よりも多く書く対象とあまり書かない対象の差が明確に分かれるとは思う。
それでは以下、登場順に感想を。

【見取り図】
スタンダードな漫才形式で、上沼恵美子も言っていたが前半が古い(=ベタ)なのが気になった。
後半に架空人名が次々登場するようになってから、ようやくいい意味でのクセが出てくる。

「頭おかしい」を「あたおか」と略したあたりも、インパクトはあったがあとが続かなかったのがもったいない気も。
あのパターンで連打していけば、何かしらグルーヴが生まれたかもしれない。

【スーパーマラドーナ】
どちらが本当に怖い人なのかわからないという、サイコホラー系設定。
しかしわりと早い段階で、「むしろ田中のほうが怖い」ということが判明するため、後半に展開させるべき事柄がなくなってしまうのが悩ましい。

田中の狂気感がメインのネタではあるので、そのヤバさを後半まで隠していると、単純にボケの量が大幅に減ってしまうわけで。
だとすると、「田中が逆にとんでもなく真っ当な人間に戻る」というもうひと展開が必要な気もするが、ただでさえ難しい設定ではあるため、それをわかりやすく伝えるのは至難の業か。

【かまいたち】
タイムマシンをくだらないことに使う、というとても入りやすい設定。
それは入口がキャッチーなぶん、先の展開にヒネリが要求されるということでもある。

途中、山内が激昂してくるあたりから急に勢いが出てくるが、やや遅きに失した感。

【ジャルジャル】
一本目は、「国名分け」という謎のゲームを延々と子供のように繰り広げるジャルジャルの真骨頂。
ただ単に「国の名前を上下に分けて言いあう」というだけなのだが、そのミニマムな繰り返しがテクノ的なグルーヴを生みだしていく。

二本目はネタに入る前の自己紹介ポーズでひとネタやりきるという、さらに元も子もない最小限の設定だが、これはさすがに単調すぎて飽きが来た。
どの繰り返しがアリでどの繰り返しはナシなのか、その見極めは難しいが、他にもっといいネタがあるはずなのに、という選択の疑問は残る。

【ギャロップ】
合コンの数あわせ要員を頼まれた男の疑心暗鬼。
スタイル的にはオーソドックスの極みで、その範囲内においては確かなクオリティを保っている。

あとは漫才に安定感安心感を求めるか、スリルや緊張感を求めるかという受け手側の価値観の違いのみ。

【ゆにばーす】
途中でギアが何度か入れ替わる移り気なスタイルで、いろんな形を見せられる反面、全体の流れや展開に必然性があまり感じられないため、後半に向けて積み上がっていく物語的な楽しみがない。

後半突如飛び出すはらの意外と流暢な関西弁漫才に、意外とこっちのほうが向いてるのかも、と思ったのはオール巨人だけではないはず。

【ミキ(敗者復活枠)】
いつも通りの速度重視型漫才。

しっかり聴くとひとつひとつのネタの浅さが相変わらず気になるが、今までよりは若干深まってきている気配も。

【トム・ブラウン】
とにかく何でもかんでも合体させていくという無茶ぶり気味の豪腕設定。
単純な足し算だったはずが、足せば足すほどとち狂っていく悪ノリ的なバカバカしさが秀逸で。

つまり今大会最大の発見。

「ひふみんが土中から出てくる」という二本目も観たかった。

【霜降り明星】
もともと霜降り明星はNON STYLEやミキ系統のスピード偏重型だと感じていて、そっち系はどうしても速度と引き換えに一発一発の精度が犠牲になるため、個人的にはあまり好きなタイプではなかった。

ところが近ごろは観るたびにクオリティが上がってきている感触があって、しかしそのクオリティの正体がいったいなんなのかはわからなかった。それが今日ハッキリとわかったような気がする。

簡単に言ってしまえば、まさにそのスピード型漫才が持つ致命的な欠点であった「言葉の精度」が各段に上がってきている、ということなのだが、ではその「言葉の精度」とは何か、ということになる。

それは審査員のオール巨人が粗品のツッコミを讃えたこの言葉に集約される。

「みんなが思ってることより、ちょっと上のこと言うてる」

それは言い換えるならば、説明なしでギリギリ伝わるか伝わらないかの線をポンと投げてくる勇気と、その限界ラインを見極めるセンス、であると僕は思う。

これはたとえば文学の世界ではよく言われることなのだが、読者に内容を伝えるのが大事だからといって、説明しすぎると文章がつまらなくなってしまう。だから作者はちょっとわかりにくいボールでも、臆せずそのまま投げたほうが文章として面白くなることが少なくない。

その際に必要なのは、送り手の表現精度だけでなく、受け手の理解力をある程度信頼すること、だったりする。たとえば一本目のネタで粗品は、静止画で表現するせいやの動きを「ボラギノールのCM」に喩え、激しく揺れる船の様子を「リアス式海岸」に結びつけてみせた。

どちらもけっしてわかりやすい喩えではなく、受け手の頭の中にすでにそのイメージができあがってないとピンと来ない、ある種距離感の大きい比喩であると思う。二本目のネタで、学校で洗った手を自動乾燥機で渇かすその仕草に「私立(わたくしりつ)!」とツッコんだのも、けっしてジャストではなく、「そう言われればそうかも」くらいの距離感がある。

それは斜め上とも、一歩奥とも、あるいはある種の不親切とすら言えるだろう。しかし実はそんな受け手のイメージを借りるようなツッコミのほうが、おそらくは受け手に自らの想像力を働かせるという積極性が生まれるぶんだけ、深く刺さる表現になる。

野球で言うならば、本当に優れた投手というのはストライクではなくボール球で三振が取れる投手で、ストライクからボールになる変化球で勝負できる投手はプロで活躍できる可能性が高い。

今日の粗品が放ったツッコミフレーズの数々は、まさに視聴者のバットが届きそうで届かない位置にズバズバ決まる感触があって、その届きそうで届かない絶妙なコースというのが、オール巨人の言う「みんなが思ってることより、ちょっと上のこと」であると思う。

そういう意味で、二本目よりは一本目のほうがフレーズの精度が高く、いずれも一本目よりやや落ちるネタを披露した二本目の中では和牛のほうにやや分があると感じたが、トータルで考えれば納得の優勝。

【和牛】
審査員もこぞって言っていたように、立ち上がりが悪いながらも「二人ともゾンビ化する」という強烈な展開を後半に持ってきた強力な一本目。
個人的に当ブログでも、毎年のように「ネタ後半の展開の重要性」について考えてきたこともあって、和牛もいよいよ本格的にあからさまな『M-1』仕様の漫才を仕上げてきた、という印象を受けた。

そして運命の二本目。こちらもやはり、「オレオレ詐欺がやがて親子の騙しあいになる」という展開が後半に用意されていたが、一本目に比べると展開としてはやや弱かった。そのぶん立ち上がりは一本目ほど悪くなく、トータルで観るとさほど遜色のないバランスに仕上げてきたのは流石だと感じたが、あるいは一本目と二本目のネタが逆であったなら優勝していたかもしれない、という気もしないでもない。

もちろん、そうなれば一本目を通過できないというリスクもあるわけで、そこは毎年のことながら難しい選択だが、大会全体を考えると一本目の後半よりも二本目の後半のほうが「より本当の後半」であると考えると、やはりとどめの一撃は最後にこそ欲しかったかもしれない。

ただし今日の一本目以上に前半を犠牲にするのはさすがに危険だとは思うので、これ以上後半偏重にシフトするのは難しいと思うが、次にどんな手を打ってくるのかという楽しみが増えたとも言える。

しかしそんな小手先の戦略よりも、彼らが毎年のように質の高いネタを連発し続けていることが圧倒的に素晴らしい。


《『M-1グランプリ2017』決勝感想~「二本勝負」という困難との戦い~》
http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-343.html
《『M-1グランプリ2016』感想~改めて「漫才らしい漫才」というベタな評価軸を持ち出さねば測りきれぬほどの、まれに見る接戦~》
http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-332.html
《『M-1グランプリ2015』感想~「ネタ」と「キャラ」の融合が生み出すミラクル薄毛ファンタジー~》
http://arsenal4.blog.fc2.com/blog-entry-301.html
《『M-1グランプリ2010』感想》
http://tmykinoue.hatenablog.com/entry/20101226/1293372609
《観客の反応がすべてを支配しすぎ、だが結果は意外と順当 ~M-1グランプリ2009総評~》
http://tmykinoue.hatenablog.com/entry/20091222/1261426486
《「スピードで誤魔化せる範囲は限られる」M-1グランプリ2008総評》
http://tmykinoue.hatenablog.com/entry/20081222/1229948554